コンセプトトレーニングトレーニングの流れトレーナープラン・料金概要・アクセス

新着情報・コラム

2019/04/24
ゴルファーに多い怪我トップ3

いつもブログの記事をご覧いただきありがとうございます。

 

浜松市中区幸にあるボディケア&パーソナルトレーニングジム TAiKAN(体幹トレーニングスタジオ)

代表トレーナーの小林です。

 

当スタジオが四ツ池ゴルフ場から近い事もあってゴルファーの方の来店が非常に多いです。

 

例えば、

・ゴルフの練習帰りに身体のメンテナンス

・スイング時の身体の痛み改善の為のボディケア

・フォームの安定性や飛距離アップなどパフォーマンス向上

 

43515FC6-ED14-40C0-9DDA-39513F62BED2

今回、ゴルファーに多い怪我トップ3をご紹介したいと思います。

 

 

第1位【腰】
腰痛の原因は千差万別ですが、ゴルフの怪我の中では、圧倒的に多いです。
代表的なのは、腰椎ヘルニアや坐骨神経痛の症状を訴える方が多いです。

・スイング中に股関節を曲げずに、背筋を丸めている方

・動きの悪い股関節をカバーしようと無理に腰をねじっていることが原因です。

 
第2位【肘〜手首】
インパクト時にフェースを返す動きにより、
肘〜手首を痛める方が多い。

また飛ぶようになったヘッドや、ボールによるインパクト時の衝撃を手首で受け止めてしまい、炎症を起こすケースやオーバーユース(使い過ぎ・練習のし過ぎ)で痛める事が多い。

 
第3位【肩】
ゴルフのスイングでよくあるのが手打ち。
手打ちになってしまうと、野球肩や四十肩と同様の痛みを生じることがあります。

必要以上に肩をねじって打っていると、
肩関節周辺の炎症を起こします。

 
上記の部位で痛めている部分はありませんが?

 

 

股関節、背骨の可動域が狭い身体の問題が多く、これらの可動域が改善されれば、効率の良いスイングが身につき怪我の減少につながります。

 
ゴルフの練習だけでなく、ご自身の身体のパフォーマンスを上げてみては、いかがでしょうか。

 
 
お電話でのお問い合わせはお気軽に!090-5035-1657
Copyright© TAiKAN All Rights Reserved.

新着情報 体験者の声体験申込・お問合せページトップ