PICK UP NEWS

最新ニュース・コラム・トレーニング情報

浜松市の体幹トレーニングスタジオTAiKAN > 新着情報・コラム > 脚やせダイエットのコツ (立ち姿勢)

脚やせダイエットのコツ (立ち姿勢)

新着情報・コラム | 2017.03.03

完全個別制パーソナルトレーニングジムTAiKAN代表トレーナーの小林です。


今回は、反響の多かった 「脚痩せのコツ」 について具体的な話をしたいと思います。


人間が日常生活で必ず行う事って何だと思いますか?


【立つこと】です。


立って何か作業(家事・仕事)、歩いて移動する為には、自分の体重を支えて立っていなければいけません。


何処で支えているかがとても重要になります。



私が理想とする立ち方は、「骨で立つ」 ことです。


骨で真っ直ぐ立つことで、安定し余計な筋肉を使わずに済むため、筋肉が張る事もなく疲れにくくなります。


何種類か立ち方をご紹介したいと思います。


1.

sp-080410800s1488458707


2.

sp-020877100s1488458774

①赤いライン = 骨  
② 矢印 = 荷重方向  
③ 〇 = 弱くなる筋肉 



骨のラインが直立ではなく安定性がない為、使う必要のないふくらはぎの筋肉、太ももの外側の筋肉を使って安定性を保とうとします。



その代償としてふくらはぎ、太ももの外側の筋肉が張ってきてしまいます。



女性がスキニーパンツのようなタイトなズボンを履く時に、気になるところですね。



更に〇で囲んだ内ももの筋肉やお尻の筋肉が弱くなり、全体的にダボッとした印象になってしまいます。

sp-099402500s1488458818


上の写真の様に骨が直立になる事で 「骨で立つ」 ことが出来ます。



そうする事で、安定しお尻の筋肉で立つことが出来ます。



週1~2回のトレーニングでカラダの気になる部位のトレーニングをしても、日常動作での立つ・歩くが効率的な動作になっていなければ、トレーニング効果が停滞あるいは、逆効果になってしまいます。



TAiKAN(タイカン)では、立つ・歩く為に必要なお尻の筋肉、足の裏の筋肉を鍛えるトレーニングを実施します。



しっかり 「骨で立つ」 、「お尻の筋肉で立つ」が出来れば、日常動作の立つ・歩く・階段の昇り降りなど何気ない動作がトレーニングに様変わりします。



そうする事で、トレーニング効果がUPします。



日常動作を効率的な動作に変えて、カラダを劇的に変えてみませんか?


ご興味のある方、痛みでお困りの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

 
一覧へ戻る

TAiKAN(体幹トレーニングスタジオ)
〒433-8123 静岡県浜松市中区幸3-14-13 パークビュー四ツ池

 

体験申し込み・お問い合わせ

オンライン予約

体験者の声  |  新着情報・コラム 
個人情報保護方針について 

Copyright© TAiKAN All Rights Reserved.


体験者の声


新着情報
コラム